ページビューの合計

2008年12月25日木曜日

ダニとネズミの関係

 ダニと言えば高温多湿の梅雨に多く発生するイメージですが、梅雨や夏場以外の季節、今なら冬の真っ只中に体に痒みや発疹(ダニ刺され)があり、尚且つ天井裏にネズミが居るようであれば、ダニの発生原因はネズミで間違いないでしょう。

(よくあるケース)
 天井裏でネズミががさごそしていたが多少のことなので我慢していた。 → ほどなく体が痒くなったのでダニだと思い、じゅうたんを念入りに掃除機をかけバルサンなど薬剤散布。 → 少しはよくなった気がするがやっぱりすぐに痒くなる。 → 我慢できずに皮膚科へ行ったら、家にネズミがいるなら原因はネズミだと指摘され「家のネズミを駆除してください」と言われた。 → ネズミ駆除を開始。 → ネズミが居なくなったら痒みも収まった。

 皮膚科に行けば、診察と問診によりほとんどの場合はダニの原因はネズミではないかと指摘していただけますが、中には指摘されない先生もみえます。ヤブ先生と言うよりも、その地域にネズミが多いか少ないかに関係があるのではないでしょうか。季節外れのダニ刺されの診察が多い地域の皮膚科の先生は、家にネズミが居るようなら発生原因はネズミではないかと真っ先に疑うからです。

 私も天井裏を覗いたり上がったりすることが多いので、ネズミが濃いと痒くなることもしばしばあります。痒みって激痛は別にして痛いのより辛いかもしれませんよね。また、男性より女性や子供が痒くなるケースが断然多いようです。家に居る時間が長いせいなのか、肌がデリケートだからダニに好まれるのか?

 見えない恐怖の敵は、動物(主にネズミ)に寄生するイエダニです。

愛知のねずみ駆除 キクノヨ
 

2008年12月9日火曜日

解決に向けて

 今年もいろんな現場でいろんな害虫を駆除させていただきました。寒さが厳しくなった最近は、ねずみの駆除がほとんどでチャバネゴキブリが少々。ねずみは寒い季節には、暖かい建物内に居着きやすくなります。ねずみは知能レベルと警戒心が高いので、駆除はなかなか難しい部分があります。

 ねずみ駆除ではホームページ記載のとおり、駆除保証を何年かつけていますので問題は解決します。ですが、たま~に問い合わせ時に、絶対いなくなる?と聞かれることがあります。現場を見ないと何とも言えませんので、まず無料見積もりをご依頼ください。責任がありますので、安易に絶対駆除できるとは申しません。逆に、現場も見ずに絶対駆除できますよ、という業者はトラブルの元だと思います。(駆除に限らず、良い面しか主張しないあらゆる業種の営業マン、業者に言えますよね)

 あと例えば、ゴキブリ駆除に伺ったら、ゴミ出しっぱなし、掃除しているのか怪しい汚い厨房や部屋であったり。医者に行って酒を止められているのに平気で酒を飲む、といった意識レベルの方は、出来ればご遠慮ください。(このような方は滅多にありませんが)でも、ご依頼されたら全力を尽くしますので、駆除をきっかけに、少しばかりきれいにしていきましょう(笑)

 今年も多くの問い合わせがありましたので、思い返し、つい、こちらからの希望も言わせていただきました。ある程度きれいにしてるのにねずみ(ゴキブリ)が出てしまうんだよね、という場合にはご依頼頂いたら、問題解決に向けて最適だと思われる方法で取り組みたいと思います。その上で、同じ目標に向かって多少のご協力していただくことが早期解決につながります。

 年内のネズミ問題解決は、ご協力次第ですが、まだ間に合いそうです。

害虫駆除キクノヨ

2008年12月2日火曜日

スズメバチ補助制度終了

 そろそろスズメバチの季節も終わりです。今年度で名古屋市のスズメバチ類駆除費の補助制度が終了します。この制度は、名古屋市民がスズメバチの駆除を業者に依頼した場合に、名古屋市が費用の半額を負担してくれるというものでした。(3年間実施されました)

 こんなところにも官から民へ。来年度からは、ご依頼者の負担(名古屋市民)は増すことになりますが、キクノヨではなるべくご負担の少ないような料金体系にしたいと考えます。

 今年はスズメバチやアシナガバチの発生は少なかったようですが、来年度からは何ともわかりません。当たり年になるか、はずれか…運悪く庭木や軒下にスズメバチの巣ができてしまったら、無理せずキクノヨまで。スズメバチは大変危険ですからね。

愛知のスズメバチ駆除 キクノヨ