ページビューの合計

2011年7月26日火曜日

スズメバチの巣作り

 スズメバチの巣は直径13センチ程度とかなり大きくなってきました。
↓これはアシナガバチの巣 ↓これはドロバチの巣



 ハチの巣の種類なんか知りたくもない、虫嫌いのかたはキクノヨまで

(名古屋市のハチの巣駆除キクノヨ)

2011年7月21日木曜日

コバエ、キノコバエ、ブヨ

梅雨明けしたとはいいますが、ジメジメして湿度が高い日が続いています。こんな時期にはコバエが湧きます。というか自宅にコバエが湧いていました。

 ↓3日ほど生ゴミを室内に放置していたゴミ袋の中には、成虫前のウジが…


コバエ(ブヨ、キノコバエ、チョウバエ他)といってもいろいろな種類がありますが、コバエ類の発生源(集る箇所)は、有機物の含まれた腐った水気のある箇所となります。このように生ゴミにたかり、放置すれば卵を産みつけ大量発生につながります。

外の水たまりや川で大発生して、光に集まるタイプのコバエでしたら屋外から大量にやってくることもあります。屋外で大発生してやってくる場合は、小さな虫ですし、完全に部屋に入るのを防ぎきれるものではありませんから、少々のことなら時期的なものと割り切って、嵐が過ぎ去るのを待つのが賢明なところかもしれません。

飲食店などでは、厨房機器の裏に生ゴミや水分がたまっていて、そこにコバエが湧いているのが見受けられます。スプレーで殺すのもよいですが、見えないところ(発生源)をきれいにしておくことこそ最大の防除ではないかと思われます。

(キクノヨ)

2011年7月7日木曜日

スズメバチの巣作り

 スズメバチは通常、地上から1~2mの高さで巣をつくります。今回の現場のスズメバチの巣は2階の手摺の下なので地上から4メートル位です。

 木の中ほどで高い場所に巣があることは、稀にみられますが(それでも地上3mほど)、建造物に地上4mもの高い場所に巣があることは、名古屋市内では珍しいことです。



 ここは人の往来がけっこうあるから、こんなに高い位置に?



 自然が少なくなり、空家が少なくなり、静かな営巣場所があまりないのでしょうか。

 スズメバチの住宅事情は厳しいようです。

(みよし市、東郷町のスズメバチ駆除キクノヨ)