ページビューの合計

2011年9月26日月曜日

秋に多くやってくる

 秋の風。涼しくなって過ごしやすいですが、もう半袖では肌寒く感じます。長袖や厚手の靴下に変えたい季節。もう少しすると暖房器具も準備することでしょう。

 人はこれでより快適に過ごせますが、では、害虫や害獣達の場合はどうするのか?より暖かい場所を求めて移動します。

 夏の間、風通しの良い屋外に居たネズミ達は、寒くなってくると暖かい家屋の天井裏を目指して侵入を目論見ます。実際、秋にはネズミのご相談が増えます。

 クロゴキブリも秋に急に見かけることがあります。これもネズミと全く同じ理由だと思われます。

 周知のとおり、ネズミとゴキブリは人の快適な生活空間を利用する都市型害虫の代表選手みたいなものです。

(名古屋のネズミ駆除キクノヨ)
 

2011年9月17日土曜日

アパート、マンションのゴキブリ駆除

 マンションやアパート全体でゴキブリの駆除をやらなければ、戸別にゴキブリの駆除をしても効果が薄いといわれています。

 通常、嫌われもののゴキブリが発生すれば、毒エサやホイホイなどの市販品を買ってきて対策を講じるのが大多数だと思いますが…

 ゴキブリなんて意に介さない人もいます。掃除が苦手(面倒)で、ゴキブリが殖える原因だろうなと思いつつ生ゴミを大量放置したり…

 たしかに周りの環境は重要です。お隣がちゃんと掃除しているか聞くわけにも、散らかっていたら掃除するよう促すわけにもいきません。

 また、ゴミ屋敷は一軒家ばかりではありません。目立たないだけで、マンション、アパート内でも同じようにあります。言うならゴミ部屋?

 ゴミ部屋の主が引っ越すと最悪です。安楽の地を追われたゴキブリ達はきれいな部屋にもやってきます。

 引越し後2年ほどはゴキブリなんか出なかったのに、急にゴキブリが多くなったりします。良くも悪くも環境は変わります。

 たしかに周りの環境に影響を受けるゴキブリですが、なんとかなります。ポイントを押さえて改善すればゴキブリと遭遇することはなくなります。

 アパートやマンションに限らず、様々な環境において出来る限りゴキブリに遭遇しないよう苦心して駆除に当たってきたキクノヨまでご相談ください。

 (名古屋市のアパート、マンションのゴキブリ駆除キクノヨ)

2011年9月8日木曜日

ハチに刺されないために

 ハチは様々な場所に巣をつくります。



スズメバチはこんな所に巣をつくります。
①天井裏 ②軒下 ③戸袋 ④生垣の中 ⑤床下 ⑥土の中 ⑦木の枝  名古屋市HPより


 アシナガバチの巣も様々な場所に巣をつくります。雨を凌げる場所ならどこでも可能性があります。


 ④の生垣の中と⑦の木の枝が要注意です。ハチに攻撃される(刺される)ケースの大半が、生垣や木の中ほどにハチの巣があることを知らずに剪定を行った時です。

 9月に入り、気温が下がり庭木の手入れには良い季節になってきました。巣も大きくなっており、防衛本能からハチの気が荒くなっていますので注意が必要です。

(名古屋のスズメバチ駆除キクノヨ)