ページビューの合計

2012年4月12日木曜日

ヤマビル

自分は、生き物観察が趣味のひとつですが、野外で出会ってしまった不快動物のひとつのヤマビルについて少々。

ヤマビルは登山されるかたならご存知かと思いますが、山に居るヒルであり、蚊と同じく血を吸う目的で人に寄ってきます。蚊以外で、人に積極的に向ってくるという意味では珍しい動物かもしれません。



同じ血を吸う蚊と比べるのはどうかと思いますが、ずっと不快です。不快度のレベルが違います。

どんなものかと言いますと‥

音を立てずにいつの間にか張りつく。血を吸われても(咬まれても)痒みや痛みを感じないので気付かない。

咬まれたところから血が流れ、その血はなかなか止まらない(咬んだ時にヤマビルが血液を凝固させない成分を注入する為)。気づいた時には足が血だらけヒルだらけという惨状も。

意を決して引き剥がそうとしても、吸着力が強くて引っ張ってもなかなか取れない。

まだまだあります。ヒルが多い場所では、木の上から降ってくる。立ち止まると地面をかなりの速さで、シャクトリムシのような動きで迫ってくる。踏みつけても潰れないから死なない。

気持ち悪さは相当なものです。害虫駆除を生業(なりわい)としている者が言うのだから間違いありません(笑)

発生場所は、動物の血を吸う為か鹿などの野生動物が多くいる、じめじめとした大自然の中。このあたりでは、鈴鹿山脈や養老山地に多くいます。

発生時期は他の虫と同じく5~10月頃。じめじめを好み、雨が降ると地表に這い出てきますので、雨の多い6月頃が特に多いということになります。

雨や曇りの日に山に入らないのが一番ですが、晴れの日でももちろん遭遇します。

予防対策として、食塩水のスプレーを足を中心に吹きかける。咬まれてしまったら(咬んだまま離れません)ライターやタバコの火であぶるのが引き離すには一番速いでしょう。火が無ければ、食塩や食塩水をかける。それも無ければ無理やりつまんで引っ張るしかありません。

もし遭遇してしまった場合は、咬まれても腫れたりすることはないので、落ち着いて対処するように。

血がちょっとの間、だらだらと流れ落ちるだけです。気色悪いだけで、痒みが残らない蚊よりマシかもしれません(?)

(害虫駆除キクノヨ)

2012年4月3日火曜日

飲食店のアンケート

仕事柄、飲食店の現場が多いのですが、チェーン店ややる気のあるお店では、アンケート用紙が置いてあるのを見かけることは多いです。

料理について、価格について、接客サービス(提供時間、店員の態度)、満足度、店の雰囲気、その他不満や希望、気づいた点など‥といったところでしょうか。



おくゆかしき日本人。(最近はどうなのだろうか?)口には出さなくても、文面なら主張しやすい。

(満足系)
美味しかった。お得だ。また来たい。知人に勧めたい。雰囲気がいい。接客が気持ちよい。

(不満系)
美味しくない。提供が遅い。高い。汚い。遅い。熱い(ぬるい)。味が濃い(薄い)。接客が悪い。もう来たくない。この料理はこうしたほうが良い‥

通常、わざわざアンケートを書いてくれるものは、不満系が大半でしょう。負のパワーのほうが大きいものです。

ここぞとばかりにストレス解消?名誉毀損もないですし(笑)。ゴキブリを見た!なんかは、格好のターゲットでボロクソに書かれるの間違いなし、アンケート結果を店主が見たらびっくり(実話)でしょう。

ただ、不満を書かれたとしても、逆にチャンスでもあります。次回来店された時に不満が改善されていれば、好印象です。”雨降って地固まる”です。改善されていなければ‥

アンケートは、見たくも聞きたくもない批判をわざわざ集めている点では怖いですが、黙して二度と来店しないことよりはよっぽどマシ。本来の目的である改善点が見えてきます。意外な改善点が見つかるのもアンケートによる効果です。

良い店や繁盛店は、アンケートの実施の有無に拘わらず、改善できる点はひとつずつでも地道に実施しています。競争の激しい業界ですから。

(名古屋市のゴキブリ駆除キクノヨ)