ページビューの合計

2012年6月26日火曜日

シロアリの駆除剤

梅雨の中、ヤスデの発生がピークをむかえたようです。



今日はシロアリの駆除で出動。


床板は大丈夫ですが見事に根太が喰われています。床板も張替えます。



大工さん曰く、昔のシロアリ業者はみんなやられた‥と。薬の影響で身体を壊してしまった方が多かったそうです。毎日のことだからなぁ。

現在はシロアリの薬もシックハウスに配慮して、薬剤も無味無臭で薄くなった。ちょっと前はシロアリ保証10年とかでしたが今はどこも5年となっています。

シロアリ駆除は、たまにしかやらないので、薬の影響は大丈夫だろう。たぶん‥

(名古屋市の害虫駆除キクノヨ)

2012年6月22日金曜日

不快害虫と衛生害虫

不快害虫とは、人に対して害はないが不快に思う虫です。ようするに見た目が気持ち悪いとされる虫です。

クモ、ヤスデ、ゲジ、カマドウマ、ハサミムシ等々。

アシダカグモ


アリやダンゴムシも少々の数ならなんてことはないですが、数が爆発的に殖えて大量に居たりすると不快害虫となります。

クワガタやタマムシやチョウなんかが庭にやってきてくれたら嬉しいですが、100匹もやってきたら不快害虫扱い?

ハサミムシ


衛生害虫とは、人に対して害がある虫です。代表的なものは人を刺すハチや蚊やムカデ(ムカデの場合は咬む)。病原菌を運ぶ可能性があるゴキブリやハエ等です。

他にはダニ、ノミ、毛虫、ヒル、アブ等々。


上記の害虫達でも、クモなどはゴキブリを食べてくれる益虫でもありますので、むやみに殺虫するのは考えものです。大きく考えるなら生態系の一部でもあります。



薬剤で駆除を考える前に、なぜ身近に害虫が多いのか?と考えます。その環境がその害虫に適している場合があります。


ゴキブリの毒エサを設置する場合、部屋が生ごみだらけモノだらけの状態より、部屋をきれいにしてから設置するほうが効果が数倍上がります。


(名古屋市のゴキブリ駆除キクノヨ)

2012年6月14日木曜日

アシナガバチの巣

暑くなってきたせいか飲食、食品関係は別にして、一般家庭のネズミのほうは大人しくなってきました。

いっぽう、虫達は活発の時期を迎えています。


アシナガバチ

最初、女王蜂1匹で始めた巣作りは、現在4~5匹程度となっています。

アシナガバチはスズメバチに比べて大人しいハチですが、このように物干し場の巣のように人と近いと、知らずに刺激を与えてしまうかもしれませんので注意が必要です。