ページビューの合計

2012年10月31日水曜日

ダニとネズミ

夏場に多く発生するツメダニの発生は、冷え込みと共におさまってきました。

一方で動物の体液や吸血するイエダニ被害は1年中あります。

イエダニの宿主はネズミや鳥、イタチなどの野生動物なので、これらが天井裏などに居たりしますと、一時的に離れて人を咬んだりして痒みをもたらします。

私も天井裏をのぞいたり上がったりすることが多いですから、その時には痒くなることがたまにあります。

赤く腫れたりすることはほぼありませんが、女性や赤ちゃんなどは赤く腫れてしまうことが多いようです。虫刺されをはじめ、アレルギー反応などは人それぞれですが、幸い自身は虫刺されには寛容のようです。

蚊の発生もなくなってきました。謎の痒みがあった場合はイエダニの可能性大です。家や職場にクマネズミなどの野生動物が棲みついていませんか?

(ネズミ駆除キクノヨ)