ページビューの合計

2014年3月14日金曜日

ねずみとダニの関係

建物内にねずみやイタチ他の野生動物が棲みついている環境では、ダニが発生して痒みや発疹の被害が出るケースがあります。

特に目の前を野生動物が走っていたりすれば、ダニ発生の確率が上がります。

ダニ刺され(正確には咬む)の特徴としては、脇の下や股の内側など皮膚のデリケートな部分を咬まれることが多いです。子供や女性が特に被害に遭うのも特徴といえます。


”ネズミはまだいいけど、ダニをなんとかしたい”といった場合ですが、

ダニをなんとかしたいならば発生原因であるネズミを居なくするしかありません。ダニを殺すためのバ〇サンに代表される噴霧剤はその場限りですから無駄に近いと思います。

雨漏りがあった場合に、雑巾で拭いたりバケツで受けていてもキリがありません。原因である雨漏り箇所を修理しなければなりません。それと同じでダニの発生原因であるネズミを駆除しなければダニ問題が解決しないということになります。

(愛知県のネズミ駆除キクノヨ)