ページビューの合計

2014年9月30日火曜日

ネズミは賢いか?

平成26年9月27日(土曜日)に御嶽山が噴火しました。

公的機関では噴火予知はまったくできなかったようですが、ネズミをはじめ動物達はその予兆を察知して避難していたのでしょうか?


人間以外の動物で頭が良い悪いを比べるのは難しいですが、哺乳類と鳥類は総じて賢いです。

人間と同じ哺乳類であるクマネズミは、人から逃げる、隠れる、罠をかいくぐるという能力は長けているのは間違いないでしょう。

通常、野生動物は自分より小さい動物はエサとして、大きい動物は敵(捕食側)と認識する傾向があります。ネズミは哺乳類最少種(他にコウモリなど)のひとつとして、すべてが敵のようなものです。

ネズミの天敵としては、都会の場合は、人や猫、カラスがあてはまります。田舎の場合は、更にイタチや猛禽類(ワシ、タカ、フクロウ等)などが加わります。

人類は頭を使って生き延びてきました。食べ物が無い時は農耕、道具を使っての狩り。頭(脳)が発達し、その子孫は益々頭が良くなり進化しました。

いっぽう、ネズミは食物をかすめ取り逃げ延びる。逃げるスペシャリストの道をたどりました。

ネズミがいくら賢いとは言えども人間よりはるかに劣ります。それでもネズミが大学出と言われる所以は、頭がいいというより、逃げ隠れする能力や用心深さが突出しているので、やすやすとは駆除ができないからです。

愛知のネズミ駆除 キクノヨ) 

2014年9月15日月曜日

スズメバチに刺されると、、

今回、駆除作業中に右手小指中ほどを刺されてしまいました。

時系列でその後の症状を報告してみます。

比較のために、刺されていない左手

刺された瞬間は、チクッというよりシカッとした痛みでした。痛いのなんの、、

最初は刺された小指近辺が腫れてきて、一気に手が腫れてきました。

 刺されてから2時間後

手はかなりパンパンになってきました。痛みに慣れてきた感がありますが、ジンジン痛いのは変わりなし。


刺されてから30時間後

更に腫れてきてこんな状態が続いた。痛いのもそうですが、痒くてしょうがありません。左手で掻かずにはいられません。手の厚みは約2倍くらいになってしまった。

手がパンパンなので物を握ることはできず、指先だけ少し曲げられる状態。

右手は熱かった。かなり熱を持っているようで、水につけると気持ち良くてホッとします。

しかし、熱が出るということは、免疫機能が正常に働いてくれている証拠だと、自分自身を励ましながら腫れが引くのを待ちました。

刺されて35時間後あたりから、わずかに手の腫れがしぼんできたかな?と感じたものの、逆になんともなかった右腕が腫れてきました。

その後、ジワジワと右手の腫れが引いてきた反面、右腕がジワジワと腫れてきました。しかし、刺された箇所より遠い分だけ、右腕は手のように腫れるようなことはなかったです。(ピーク時で腕の太さが1.3倍ほどの腫れ具合)

50時間後では、右手にはやや腫れが残っているものの、モノがつかめるようになり、正常な生活ができるようになってきました。ヤレヤレ、、

72時間後(三日後)では、刺されていない左手左腕を並べてみると左右対称でした。やっと正常に戻ったとホッとしました。

ハチ刺され後の症状には当然個人差はありますが、今回の自分の経験では、刺されて1日後が腫れのピークで、3日でほぼ正常に戻ったという感じでした。

ほんとに、1匹に刺されてこの状態だから、複数匹に刺されたり、刺された箇所が悪かったりしたら、死んでもおかしくないな、、と、身をもって実感しました。