ページビューの合計

2015年5月22日金曜日

カラスの保護

店の前にケガをしてほとんど動けなくなったカラスが居るのでなんとかしてほしい、とのご連絡がありました。通行量があるのでそのままでは車に轢かれてしまうのは必至の状態という。

ご依頼者は保健所に連絡したようですが対応してもらえなかったようです。公共の場での死骸なら対処してもらえたのかもしれませんが、生きている状態なら自然に任せるしかないと言うことなんでしょうか、、

そこが車がほとんど通ることのない自然豊かな場所なら、自然に任せるのは致し方なしと言えますが、すぐ近くをスピードを出した車がバンバン行きかうところで、ケガをしてヨタヨタしているカラスを見かけてしまっては、、、見殺しに出来ないのは人情です。

ケガを負ったカラスがその後、タカやワシに襲われ猛禽類の血肉となるならばそれも自然の摂理ということで納得もできるかもしれませんが、自然に任せて車に轢かれたら、、、車は自然なのだろうか?寝つきが悪くなるかもしれません。

現場へ急行してみますと成鳥に近い大きさがありましたがまだまだ可愛いヒナガラスでした。捕まえようとすると近くで見守っていた親ガラスに威嚇を受けまくりましたが無事に確保。

どこか車通りの少ない適当な場所へ移動させてほしいとのことでしたが、自力でエサを探せるようになるまで(飛べるようになるまで?)保護することにしました。


やることと言えばやはりエサです。

早速、生の鶏肉を与えてみました。(その後はふやかしたドッグフードなど)


ほとんど警戒心を見せることなく、、


大口開けて丸飲みです。お腹が膨れるとクチバシは閉じたままになります。

このカラスのヒナは右目は潰れているばかりでなく、右足はなんだか変な方向を向いているので骨折しているかもしれません。果たして、自然に返して自力で生きていけるかどうか?ヒナでもあるし現時点では間違いなく無理でしょう。

人間は骨折しても食べることはできますが、自力でエサを探す野生動物は骨折するとエサを探すことが途端に困難になります。治るまでの間は飢え死にの可能性が高まります。

絶滅危惧の動物、、例えばトキなんかでしたら手厚く保護を受ける立場なのでしょうけど、珍しくもなんともない一介のカラスは、ある意味トキ以上に共感が持てるのです。


お腹が膨れ、満足して眠りにつきました。カラスと言えども動物の赤ちゃんは皆可愛いものですね。

そして、お腹が減るとカーカーと催促するのですが、ヒナと言えどもそこは大型の鳥。その声量は中々凄まじい。

違法かどうかは別にしてポツンとした一軒家ならカラスを飼うということは考えられますが、都会ではニワトリ同様にその声量からカラスを飼うのは難しいと思います。

森林の開発が進むと自然が減少し、たいていの動物は淘汰されていきます。そんな中で、見事に都市化に対応し、その勢力を伸ばしている動物と言えばネズミとカラスになるでしょうか。

健常なカラスなら人間の残飯をかすめ盗りたくましく生きぬいていくところですが、この羽がやられて飛べなくなったカラスはエサを探すのは困難ですし、飢え死にする前に車に轢かれるかネコに襲われるかが関の山かもしれません。

まだヒナなので飛ぶことができないのか?あるいはケガのせいで飛べないのか?判断がつきかねますが、もうしばらくは隻眼のカラスを見守ってから放鳥し、その後は自然に委ねることにします。

よろしくお願いいたします。

(株式会社キクノヨ)

2015年5月12日火曜日

ニホンイタチとチョウセンイタチ

イタチは家屋に入り込んできますので駆除の対象としてキクノヨでも度々出動します。雑食性ではありますが肉食性がかなり強いので、農作物の被害は大丈夫のようですがニワトリなどの家畜が襲われることがあるようです。

ひと口にイタチといっても、名前が示す通り在来種であるニホンイタチと、外来種であるチョウセンイタチの二種類が棲息しています。どちらもネコよりかなり小型でサイズの違いはそれほどありません。

体が細長く頭が小さいので、ネズミに次いでほんの僅かな隙間より家屋に侵入してきます。特にメスのほうがオスより二回りほど体が小さいのは厄介なところです。フサフサした毛に覆われて頭より体が大きく見えますが、頭が通りさえすれば体がつっかえることはありません。

チョウセンイタチ

ニホンイタチよりもチョウセンイタチのほうが見た目は黄色ぽいようです。あまり関係ないですが、うちの柴犬と同じような毛色かな?と比較してみると全然違ってました。


二種の生息域が重なる場合では、他の外来生物と同様に強く、チョウセンイタチが、在来種のニホンイタチを押しのけて勢力を拡大しているようです。都市近郊の平野部で見かけるイタチはほぼチョウセンイタチと思ってよいかと思います。いっぽう山間部のほうはチョウセンイタチに追いやられたニホンイタチの可能性が出てきます。

駆除の対象としましては、どちらも習性は同じようなものなので、厳密な同定を行わなくてもイタチはイタチで良いかと思います。

イタチは肉食性が強く、ネズミ、カエル、ザリガニ、魚等の小動物を主に食します。時にはヘビみたいな大物も狙います。昼間でも行動するのは見かけますが主として夜行性になります。

屋内に入り込んでやっかいなのは、やはり他の動物と同様に天井裏の騒音やフン、ダニの発生などになります。また、ザリガニを持ち込んで食べていた例があったのですが、頭だけ食べ残したせいで、まもなくザリガニの頭が腐って異臭を放ったことがありました。


この時は幼少期の苦い思い出がよみがえりました。近所の水路でアメリカザリガニを釣ってきたものの、過密飼育+エサの与えすぎ=水質悪化。が原因と思われるアメザリの死亡。それはもう、思わず顔をのけぞってしまう鼻を突く異臭がしました。甲殻類が腐るとたまらなく臭いのです。イタチのフンなんか問題にならないくらいにクサかったです。

正確なところ腐敗臭がかなり臭いのは甲殻類に限ったことではありません。動物が腐敗するということは、その腐敗する前の動物の排泄物より比較にならないくらいに臭く、動物の死臭>>>>>>>>動物のう○こ臭 というのが普通です。

そんな迷惑なイタチがやってきても唯一の利点があります。元居たネズミが逃げ出すことでしょうか…しかし、イタチはネズミより大きいので1匹でも天井裏に居るとネズミより騒がしいのは確実でしょう。

よろしくお願いします。

(株式会社キクノヨ)